税務経営情報のバックナンバーです    <戻る>

2005年9月20日(火)

■■−今週のことば−■■    子ども力

 遊ぶ力、熱中する力、驚嘆する力、好奇心を抱く力など、子供が持っている思考や行動を仕事に取り入れることで大きな成功を得られる。アラン・グレジャーマンが提唱。

◆◇◆ 計画的な贈与による事業承継の円滑化 ◆◇◆

** どちらが有利かを判断 **

 会社の維持・発展のためには、事業承継を円滑に行うことが重要です。計画的な贈与により事業承継を円滑に行うための税制支援をみてみましょう。
 計画的な贈与を行う場合は、暦年課税制度と相続時精算課税制度がありますが、家族構成や財産構成などを考慮して、どちらが自分にとって有利であるかを判断する必要があります。

** 非課税枠は毎年110万円 **

 暦年課税制度は、1月から12月までの1年間ごとにその年中に贈与された価額の合計に対して贈与税を課税する制度です。毎年110万円までの贈与は非課税(基礎控除額)であり、税率は贈与額に応じた10%〜50%の6段階の累進税率です。相続税とは切り離して計算しますが、相続開始前3年以内の贈与は相続財産に加算されます。

** 複数年で非課税枠2500万円を使用可 **

 一方、相続時精算課税制度は、65歳以上の親から20歳以上の子への贈与について、選択制により、贈与時に軽減された贈与税を納付し、相続時に相続税で精算する課税制度です。届出が必要であり、一度選択すると、相続時まで継続適用となります。
 非課税枠が2500万円あり、限度額まで複数年にわたって使え、非課税枠を超えた贈与に対しては一律20%の税率で課税されます。
 事業承継に関する税制は、そのほか、土地等を相続する場合の小規模宅地等の減額の特例や、自社株式を相続する場合は、税負担の軽減措置など、事業承継を円滑に行うための税制があります。詳しくはお問い合わせ下さい。

◆◇◆ "ウォーキング"で身体と脳をリフレッシュ ◆◇◆

 9月は健康増進普及月間。今年のスローガンは「1に運動 2に食事 しっかり禁煙 5にクスリ」です。暑さ寒さも彼岸まで、運動やウォーキングに適した季節になりました。
 時間や場所に関係なくマイペースでできる"ウォーキング"をしませんか。歩くことで全身の新陳代謝を向上させ、肥満・血圧・心肺機能など生活習慣病の予防や足腰の強化・ストレスの解消など様々な効果があるといわれています。
 コースに変化をつけたり寄り道をすれば、新しい発見があり脳も活性化して発想が柔軟になるので、仕事にも良い影響が生まれます。
 ただし、事前の健康チェックは忘れずに。

◆◇◆ アスベスト除去費用は原則修繕費 ◆◇◆

 厚労省は、発ガン性物質が社会問題になっているアスベストの飛散の可能性がある場合、建築物の所有者や貸与者は、1.除去、2.封じ込め、3.囲い込み、いずれかの措置を行わなければならないことを法的に義務化しました。
 このアスベストの除去等の費用は、法的な義務付けの伴うものであることから原則として修繕費とすることが認められるようですが、明らかに固定資産の価値を高めるような改修を行えば、資本的支出と判断されるので注意が必要です。


 税務経営情報のバックナンバーです   <戻る>