税務経営情報のバックナンバーです    <大阪市中央区の税理士 岡田隆税理士事務所のページへ>

2004年12月27日(月)

■■−次号は1月11日(火)号です−■■

 本年も大変お世話になり、誠にありがとうございました。皆様よいお正月をお迎え下さい。


◆◇◆ 今年のヒット・話題商品はなに? ◆◇◆

** 横綱は「韓流」と「アテネ特需」 **

 日経MJの「04年ヒット商品番付」では、ココロとカラダを磨く感動のコンテンツが柱となり、国境も年齢も超えて楽しむ自分流の快適、自分への投資が目立ちました。
 両横綱は、「韓流」と「アテネ特需」。薄型テレビやDVDレコーダーなどを介して手軽に国境や時間を超えた感動が心をとらえました。大関は「聴く携帯端末」「ななめドラム式洗濯機」、関脇は「ドラフトワン」「アジエンス(
花王)」「ヘルシオ(シャープ)」小結は「高級セダン」「世界の中心で、愛をさけぶ」が三役以上です。
 今年の特徴の一つに、男性用美脚パンツ「脚長スーツ」や「シェイブウオーカー」「脳を鍛える大人のドリル」など、シニアを若く美しく見せる商品が番付入りを果たしました。

** キーワードは「心層快転」 **

 また、電通が行った「04年の話題・注目商品」調査では、「頂突破(ちょうとっぱ)」「感動をカタルシス」「帰ってきたゴージャス」など8つのトレンドがあると分析し、「心層快転〜本質の変化が消費マインドを刺激する」と
いうキーワードで表現しました。
 消費者が選んだベスト10は、
1.大画面薄型テレビ、
2.日本人メジャーリーガー、
3.世界の中心で、愛を叫ぶ、
4.ハードディスク付きDVDレコーダー、
5.黒酢、
6.にがり商品、
7.豆乳ブーム、
8.ペ・ヨンジュン(ヨン様)、
9.ラスト・サムライ、
10.パケット定額制
となっています。

 さて、来年はどのような商品がヒットするのでしょうか。


◆◇◆ 1月のチェックポイント ◆◇◆

※1月に納付する源泉徴収税額は年末調整による過不足を精算した後の金額であることに注意。

※1月の給与計算の前に「扶養控除等(異動)申告書」を受理し、源泉徴収簿に転記します。

※年賀状の住所・役職等の変更を住所録に記入。

※暦年で区分する文書類は整理して保管します。

※年末調整は今年最後に支払う給与や賞与で行うのが一般的ですが、変更を含め来年1月末までに仕上げます。

※納期の特例を受けている企業の源泉所得税(7月〜12月分)は1月11日(火)、納期の特例の特例を受けている場合は1月20日(月)が納付期限です。6ヵ月分になるので納税資金の確認を。


◆◇◆ 休業中の保安チェックを ◆◇◆

 年末年始休業に入る前に、次の事柄をチェックしてゆっくり新年を迎えたいものです。

*取引先への休業日程の再確認と年始回りの準備。

*郵便物を一時配達止めにする場合は手続きを。

*大掃除後の可燃物は戸外に放置しない。

*厳重な戸締り・施錠の確認。

*預金通帳・印鑑・カードは別々に保管。

*現金・貴重品の保管または責任者が持ち帰り。

*万一の事態が発生した場合の通報先や緊急連絡網の整備をしておきます。




 税務経営情報のバックナンバーです   <戻る>