税務経営情報のバックナンバーです    <大阪市中央区の税理士 岡田隆税理士事務所のページへ>

2004年11月1日(月)

■■−今週のことば−■■  災害用伝言ダイヤル171

 災害の発生により被災地への通信が繋がり難い状況になった際にNTTが提供。自宅の電話番号を登録し、伝言の録音・再生を行う。iモードによる伝言板サービスもある。

◆◇◆ 取引先の"危険な兆候"の見分け方 ◆◇◆

 取引先の破綻で思わぬ事態を招かないために、常日頃から経理・営業が共同で"危険な兆候"を意識して観察することが大切です。近年は民事再生法の活用がし易くなり、倒産の兆候が出て破綻までの期間が短くなる傾向があります。

** 会社をチェックする **

〇決算書の入手を心がける 
〇「危ない」という噂がでた 
〇有力な取引先と切れたようだ 
〇有能な幹部が退職した 
〇社員に活気がなくモラルの低下を感じる 
〇事務所やトイレが汚くなった 
〇電話の応対やクレームに対して誠意がなくなった。

** 経営者をチェックする **

〇社長が居留守を使うようになった 
〇社長が最近遊び始めたり、自信過剰にみえる 
〇夫婦仲が悪くなった 
〇社員が社長の悪口を言うようになった。

** 取引条件をチェックする **

〇支払い条件の変更を求めてきた 
〇振込入金が遅れがちになった 
〇手形ジャンプを要請された 
〇仕入が異常に増えている。

** 商品をチェックする **

〇在庫が増えダンピングしている 
〇商品の質や技術力が落ちてきた 
〇開発せず類似商品が多くなった 
〇返品やクレームが増えた。

** その他のチェック **

〇金融機関の頻繁な変更がある 
〇決算書を分析すると借入金利の変更が推察される 
〇社名や本店所在地の変更が頻繁にある 
〇不動産登記簿に金融機関以外の新たな担保設定があった などです。

 特に大口取引先に重点をおくとともに、これらの要件に当てはまらないようにすることも大切です。


◆◇◆ この時期に行う"年末調整事務" ◆◇◆

 税務署から年末調整や法定調書の書類が届いたと思いますので確認して下さい。
 この時期に行う年末調整事務は、本年中途で扶養親族に異動(出生・結婚・死亡・老年者)があった人、パート・アルバイト、年途中入社、退職者を含め原則として全員の「平成16年分扶養控除等申告書」の提出が必要ですので、提出もれがないかチェックします。
 届きつつある「保険料控除証明書」を従業員に大切に保存を依頼するか、預かっておきます。
 年途中入社の人には、前職(16年分すべて)の源泉徴収票が必要となりますので、早めに提出の依頼をしておきます。



◆◇◆ 11月のチェックポイント ◆◇◆

※11月から運転中の携帯電話の使用は、交通の危険が生じない場合でも5万円以下の罰金に。

※年末は資金需要が増えますので、得意先管理の徹底と売掛金回収の促進に力を入れます。

※資金繰りを再確認し、金融機関からの借入が必要なら書類の整備・事前の確認をします。

※年賀状・カレンダー・歳暮などの手配をします。

※冬季賞与の地域・業界情報の入手と支給原資の確保、考課・査定の検討を行います。

※繁忙期のミスや事故を防ぐためのフォローを。





 税務経営情報のバックナンバーです   <戻る>