税務経営情報のバックナンバーです    <大阪市中央区の税理士 岡田隆税理士事務所のページへ>

2004年9月27日(月)

■■−今週のことば−■■  レッドカードが出る前に 心とからだの健康づくり

 全国労働衛生週間(10月1日〜)今年のスローガン。特に過重労働・メンタルヘルス対策に取組み、快適な職場環境の形成を。

◆◇◆ 年末にかけての資金繰りをチェック ◆◇◆

 年末まで3ヵ月、年末商戦や賞与の支払いなど資金需要が増える時期です。
今年の営業計画と実績を勘案して年末にかけての資金繰りを再確認しておきましょう。

** 資金繰り計画の確認 **

 まず、年末までの売上(現金・売掛)と支出(現金・買掛)、売掛金回収のうち現金と手形の割合の予測を立て、資金がいつ頃どのくらい不足する可能性があるかを明らかにします。
 そして、問題を解決するための方法として、売掛金の早期回収や支払いの延期・金融機関との相談などの具体的対策を検討します。

** 売掛金回収の徹底 **

 売上を伸ばすことも大切ですが、売掛金の確実な回収に対する強い姿勢をトップが示すことが重要です。請求事務をキチンと行い、集金日前日に確認の電話をして必ず訪問します。
 入金遅れや納品ミスの金額違いなどの問題があったときは、すぐ相手先に確認して再請求をするなど、こまめな対応を確実に行うことが大切です。
 なお、努力はしたがどうしても回収できないときは、「内容証明郵便」による請求や、60万円以下なら「少額訴訟制度」の利用も検討します。

** 金融機関との早めの相談 **

 資金ショートが避けられない見通しの場合は、取引金融機関に事業計画書や経営資料などを作成して、早めに相談しましょう。
 また、公的金融機関の融資・保証は、対象要件を満たし、必要書類が整っていれば比較的利用しやすい制度ですが、審査に時間がかかることがあるので早めの申込みが必要です。

◆◇◆ 年末にかけての資金繰りをチェック ◆◇◆

 年末まで3ヵ月、年末商戦や賞与の支払いなど資金需要が増える時期です。
今年の営業計画と実績を勘案して年末にかけての資金繰りを再確認しておきましょう。

** 資金繰り計画の確認 **

 まず、年末までの売上(現金・売掛)と支出(現金・買掛)、売掛金回収のうち現金と手形の割合の予測を立て、資金がいつ頃どのくらい不足する可能性があるかを明らかにします。
 そして、問題を解決するための方法として、売掛金の早期回収や支払いの延期・金融機関との相談などの具体的対策を検討します。

** 売掛金回収の徹底 **

 売上を伸ばすことも大切ですが、売掛金の確実な回収に対する強い姿勢をトップが示すことが重要です。請求事務をキチンと行い、集金日前日に確認の電話をして必ず訪問します。
 入金遅れや納品ミスの金額違いなどの問題があったときは、すぐ相手先に確認して再請求をするなど、こまめな対応を確実に行うことが大切です。
 なお、努力はしたがどうしても回収できないときは、「内容証明郵便」による請求や、60万円以下なら「少額訴訟制度」の利用も検討します。

** 金融機関との早めの相談 **

 資金ショートが避けられない見通しの場合は、取引金融機関に事業計画書や経営資料などを作成して、早めに相談しましょう。
 また、公的金融機関の融資・保証は、対象要件を満たし、必要書類が整っていれば比較的利用しやすい制度ですが、審査に時間がかかることがあるので早めの申込みが必要です。


◆◇◆ 年末にかけての資金繰りをチェック ◆◇◆

 年末まで3ヵ月、年末商戦や賞与の支払いなど資金需要が増える時期です。
今年の営業計画と実績を勘案して年末にかけての資金繰りを再確認しておきましょう。

** 資金繰り計画の確認 **

 まず、年末までの売上(現金・売掛)と支出(現金・買掛)、売掛金回収のうち現金と手形の割合の予測を立て、資金がいつ頃どのくらい不足する可能性があるかを明らかにします。
 そして、問題を解決するための方法として、売掛金の早期回収や支払いの延期・金融機関との相談などの具体的対策を検討します。

** 売掛金回収の徹底 **

 売上を伸ばすことも大切ですが、売掛金の確実な回収に対する強い姿勢をトップが示すことが重要です。請求事務をキチンと行い、集金日前日に確認の電話をして必ず訪問します。
 入金遅れや納品ミスの金額違いなどの問題があったときは、すぐ相手先に確認して再請求をするなど、こまめな対応を確実に行うことが大切です。
 なお、努力はしたがどうしても回収できないときは、「内容証明郵便」による請求や、60万円以下なら「少額訴訟制度」の利用も検討します。

** 金融機関との早めの相談 **

 資金ショートが避けられない見通しの場合は、取引金融機関に事業計画書や経営資料などを作成して、早めに相談しましょう。
 また、公的金融機関の融資・保証は、対象要件を満たし、必要書類が整っていれば比較的利用しやすい制度ですが、審査に時間がかかることがあるので早めの申込みが必要です。




 税務経営情報のバックナンバーです   <戻る>