FAX WEEKLYバックナンバーです    <大阪市中央区の税理士 岡田隆税理士事務所のページへ>

2003年11月10日(月)
■■−今週のことば−■■  税を知る週間

 昭和29年に「納税者の声を聞く月間」として始まり、49年から現在の制度に。衆院選挙結果も判明し、年金とともに誰もが納得する「税」について考える良い機会です。

◆◇◆ 法人の黒字申告割合30.3%は過去最低 ◆◇◆

** 1件平均の不正脱漏所得は過去最高 **

 国税庁が公表した今年6月まで1年間の平成14事務年度における法人税課税事績によると、法人の黒字申告割合が前年度よりも0.6ポイント低下して30.3%と過去最低になりました。
 14事務年度に申告があった法人は272万3千件で前年度よりも8千件増加し、このうち黒字申告の法人が過去最低の数字となったわけで、7割が赤字法人という長引くデフレ下での不況が色濃く反映した結果となりました。
 一方調査事績では、調査件数は減少していますが、1件あたりの不正脱漏所得が過去最高の数字となりました。実地調査は12万2千件実施し、このうち8万9千件から、前年度より98億円多い1兆6千億円の申告漏れがあり、4173億円を追徴しました。

** 赤字でもある税務調査 **

 また、2万5千件が故意に所得を仮装・隠ぺいするなどの不正を行っていましたが、件数は前年度に比べ1千件減少しています。しかし、その不正脱漏所得は162億円増えて4千億円にのぼり、1件あたりの不正脱漏所得は、前年度に比べ125万円増の1591万円で過去最高となりました。
 なお、約7割の法人が赤字ということになりますが、赤字法人3万8千件を実地調査した結果、6千社が実際は黒字だったことが判明しており、赤字にも税務当局は目を光らせているようです。
 税収が減り続けている中、赤字・黒字に関係なく納税が必要な消費税や源泉所得税に対する税務調査も強化されています。税務署から税務調査を行いたいとの電話があった時は、すぐ連絡してください。

◆◇◆ 無担保・無保証人・低利の国の融資制度 ◆◇◆

 国は、担保や信用力が乏しく融資を受けるのが困難な小規模企業者のための「小企業等経営改善資金(マル経融資)」を実施しています。
 対象は、常用従業員が20人以下(商業・サービス業は5人以下)の法人・個人事業者で、税金を完納していることなどで、商工会・商工会議所の経営指導を原則6ヵ月以上受け、その推薦で国民生活金融公庫から融資を受けます。
*貸付限度額は、550万円+別枠450万円。
*返済期間は、運転資金5年以内、設備資金7年以内(据置期間は6ヵ月)。
*利率は、10月10日現在年1.35%。
*申し込み・質問は、商工会・商工会議所まで。

◆◇◆ リーダーシップは学んで掴みとるもの ◆◇◆

 リーダーシップとは、「組織の目的は何か、組織をどう作るか、各部署にはどんな人が適任でその場合の資質は何なのか、従業員にどのような動機づけをするのか」など、様々な部分に発揮されますが、そのほとんどは後天的に学ぶものです。
 本で学んだだけではダメで、実体験があるからこそ、活字に触れたときに掴み取れるものなのです。リーダーと管理職は違う。今のリーダーは管理職に成り下がっていると思います。
 堀 紘一著「リーダーシップの本質」から


 FAX WEEKLYバックナンバーです    <大阪市中央区の税理士 岡田隆税理士事務所のページへ>