FAX WEEKLYバックナンバーです    <大阪市中央区の税理士 岡田隆税理士事務所のページへ>

2003年6月30日(月)号
■■−今週のことば−■■  危険をみつけて進める改善高めよう職場の安全管理

 全国安全週間今年のスローガン。労働災害による被災者は年間55万人、死者も1600人を超える。職場の安全対策に万全を。
◆◇◆ そろそろ簡易課税か実額かの選択を! ◆◇◆

** 今年が免税点判定の基準期間 **

 消費税の免税点が1千万円に引き下げられるのは、平成16年4月1日以後開始される課税期間から。個人事業者は平成17年分から、法人は平成17年3月決算分から適用されます。
 しかし、課税売上高が1千万円を超えているかどうかを判定する基準期間は、個人事業者は適用年度の前々年、また、法人は適用事業年度の前々事業年度、つまり、個人事業者・法人ともに、今年の課税売上高が関係してくるのです。
 一方、課税事業者となると、原則として課税売上に係る消費税額から、課税仕入れ等に係る消費税額を控除して納付税額を計算しますが、この実額計算をせずに課税売上高のみから納付税額を計算する簡易課税制度というものがあります。

** 有利・不利判定は実際に試算を **

 具体的には、その課税期間における課税標準額に対する消費税額に、みなし仕入率〔第一種事業(卸売業)90%、第二種(小売業)80%、第三種(製造業など)70%、第四種(その他の事業)60%、第五種(サービス業など)50%〕をかけて計算した金額が仕入れ控除税額とみなされます。
 簡易課税と実額計算のどちらが有利かは、同じ業種でも違いがあって一概には言えません。実際に試算してみないと分からないので、そろそろ選択のための準備することをお勧めします。
 どちらが有利かを試算した上で、簡易課税制度を選択する場合は、その課税期間の始まる前日(経過措置もあります)までに「消費税簡易課税制度選択届出書」を税務署に提出する必要があります。

◆◇◆ 2003年上期ヒット商品番付 ◆◇◆

 イラク戦争、サーズ、北朝鮮核問題などで先行き不安感になり、消費者心理は強い防衛本能が働き比較的小粒な顔ぶれでした。【日経流通新聞】

       東                西     
横綱   なし            / MLB(米大リーグ)
大関 六本木ヒルズ          / DIGA
関脇 世界に一つだけの花(SMAP) / 小型デジカメ
小結 阪神タイガース         / ジャパネットたかた(TV通販)
前頭 ボブ・サップ          / チワワのくぅーチャン
々  ノンアルコールビール      / 芋焼酎
々  マトリックス リローデッド   / 地上の星(中島みゆき)
々  GOOD LUCK!!(ドラマ) / ラクーア
々  なんでだろう          / 綾小路きみまろ

◆◇◆ 7月のチェックポイント ◆◇◆

※健保・厚年の「算定基礎届」の提出は、今年から7月1日〜10日になりました。4月〜6月分の報酬の集計をして、社会保険事務所への提出日の確認をして下さい。

※納期の特例を受けている源泉所得税(1月〜6月分)の納付期限は10日(木)です。

※所得税予定納税額の減額申請は15日(火)まで。

※所得税予定納税第1期分の納付期限は31日(木)。振替納税の方は預貯金残高の確認を。

※税務署は7月から新事務年度に入ります。


 FAX WEEKLYバックナンバーです    <大阪市中央区の税理士 岡田隆税理士事務所のページへ>