FAX WEEKLYバックナンバーです    <大阪市中央区の税理士 岡田隆税理士事務所のページへ>

2002年9月24日(火)号
■■―今週のことば―■■  構造改革特区

 特定の地域に限って規制緩和を行い、経済活性化を目指す制度。地域の特色と独自の発想に応じた規制緩和で地域間の競争を促す。地方や民間からの特区構想は426件。

◆◇◆ 優秀企業ベスト経営者の能力 ◆◇◆

** 優秀企業が持つ共通点を探る **

 不況下でも目覚しい成果を上げ続けている「優秀企業」は少なくありません。トヨタ自動車は今年3月期決算で、経常利益が1兆円を突破しました。このような「優秀企業」はどのような特質をもっているのか、うまくいっていない企業との違いは何か、変革を血肉とするためにどのような手段を講じてきたのか。このような問題点を明らかにしたのが、経済産業研究所のレポートです。
 レポートは、わが国の優秀企業データを集め、収益性、安全性、成長性に着目し、過去15年間にわたる数字を追い、分析を加え、30〜40社について、経営トップを始め関係者への聞き取り調査を行い、その結果、優秀企業に6つの共通点を見出しました。

** 原点に立ち戻って考えることも必要 **

 それは、
1.トップが取り組む事業の範囲を明確に意識していること、
2.トップが論理的であること(自分の頭で考えぬいていること)、
3.そのキャリアの中に「傍流の時代」があったこと、
4.「危機をチャンスに転化する」トップの不屈の精神、
5.「身の丈に合った成長を図り、事業リスクを直視する」経営方針、
6.経営者が持続性のある規律の文化を企業に埋め込んでいることの6つの要素です。
 結論を一言でいえば、「自分たちが分かる事業をやたら広げずに、愚直に、真面目に自分たちの頭できちんと考え抜き、情熱を持って取り組んでいる企業」が優良企業であるとまとめています。
 至極シンプルで当たり前過ぎる結論といわれるかもしれませんが、今一度原点に立ち戻って考える必要があるのではないでしょうか。

◆◇◆ 秋祭りへの寄附金の処理は ◆◇◆

 会社が支出した秋祭りへの協賛金は原則として寄附金に該当しますが、商店街などに大々的に社名を貼り出したり、社名入り商品を提供した場合に、それが広告宣伝の効果があると認められる場合は広告宣伝費として処理します。
 また、協賛金の名目であっても、今後の取引を円滑にすることを目的としていれば、事業に関連のある者に対する贈答として交際費になります。
 寄附金は税務調査で争点になりやすく、その寄付の目的が重要になります。
 なお寄附金には、資本金等と所得金額を基礎とした損金算入限度額の計算式が法人税法で定められています。

◆◇◆ 10月から雇用保険料が引き上げに ◆◇◆

 雇用情勢で雇用保険財政が悪化したため、10月1日から雇用保険料率が2/1000引き上げられ、事業主、被保険者それぞれ1/1000ずつ負担が増えることになります。保険料の追加徴収は、12月中旬に納付書が郵送され15年1月31日までに納付する予定になっています。
 なお、被保険者が負担する「一般保険料額表」も変更になりますが、新料額表は10月中旬頃に送られてくるようです。10月1日以降締切日の給与計算に際しては十分注意して下さい。


 FAX WEEKLYバックナンバーです    <大阪市中央区の税理士 岡田隆税理士事務所のページへ>