原則的評価が適用できない財産評価~不動産投資を中心として~

相続税の申告をおこなう上で、重要となるのが「財産評価」です。
この財産を評価するための計算方法は国税庁にてルールが定められています。

しかし、このルールで計算した評価額が時価等と大きく異なるような場合には、
このルールが使用されないケースがあり、注意が必要です。
今回は過去の裁判例を踏まえ、不動産投資による相続税節税が
否認されるケースなどをご紹介いたします。

ご興味のある方はご一読くださいませ。

詳しくはこちら(PDFのダウンロードが開始されます)

カテゴリー: スタッフブログ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。