相続税の延納(分割払い)制度について

相続税の納付は、現金一時納付が原則となります。
しかし、相続財産の大半が不動産であった場合には
納税資金が不足することが考えられます。
相続税では、一定要件を満たす場合に限り、
「延納(分割払い)」申請をおこなうことができます。

今回は、相続税の延納制度についてご紹介いたします。

詳しくはこちら(PDFのダウンロードが開始されます)

カテゴリー: 事務所からのお知らせ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。