インターン小噺vol.9

初めまして。
インターン生の伊藤と申します。
今回は、インターン生として活動して感じたことについてお話したいと思います。

私は、将来、税理士や公認会計士の仕事に就きたいと考えています。
そのため、学生のうちに経験をつもうと思い、現在に至っております。

インターン生として活動して感じた点が2つあります。

1つ目は、実際に税理士補助として、会計業務に携わって、
勉強していることと実際の会計業務に違いがあると感じたことです。
勉強では、計算をとく能力がつきますが、
実際の会計業務では、判断力がつくと感じました。

例えば、資料からどのように処理するべきなのか、
確認の際に正しい会計入力ができているのかなどの判断です。

この判断をおこなう上で学んだ事があります。
それは、判断する上で分からないことを分からないままにせず、
調べて理解する大切さです。
当然のことではありますが、ただただ勉強するだけでは気づくことが出来ませんでした。
今までは、勉強において分からないところはとりあえず聞いて満足している部分がありました。
しかし、それだけでは理解出来ていないことに気が付きました。
また、調べて分からなかったことは、理解できるまでしっかり質問することが大切だと感じました。

2つ目は、人と人との関わりが重要だと感じたことです。
私自身、初めてのインターンということもあり、不安なところもありました。
しかし、働いている周りの方々が声をかけてくれたこと、
疑問点をわかりやすく解説して頂いたことにより、不安も無くなりました。
このように、働きやすい環境があることにとても感謝しています。
この人と人との関わりをこれからも大切にし、少しでも役に立つことができる人になりたいと感じました。

現在、インターン生として経験させて頂いている中で、
気づいたこと感じたことを大切にし、成長に繋げていきたいと考えています。
まだまだ頼りないところもありますが、日々精進していきたいと思います。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

インターン小噺vol.8

こんにちは。
愛和税理士法人のインターン生の岩田結衣と申します。
時間が経つのは本当にあっという間で、
すでに私が入社してから1年以上がたちました。
入社初日の緊張感や漠然とした不安は今でも鮮明に覚えています。
そんな私も今ではインターン生の中で1番の年長者になりました。

今回はそんな私が、数ヵ月後に卒業を控える身として
自分のするべきことを考えました。

1年目、先輩がいる間は、私はいつも追いかける側でした。
とにかく必死に知識をつめこみ目の前の業務をこなし、
事務所の方や先輩に助けてもらいながら必死に先輩の背中を追っていました。

2年目に突入し、後輩という存在を持った今、
私はかつての先輩のように、憧れを持って追ってもらえる人に
なりたいと思うようになりました。

その憧れの先輩方はどんな方だったかなと考えた時、
ひとのために自分の時間をかけられる人たちだったなあと思いました。

自分の仕事や勉強もあるはずなのに、私の小さな質問に答えるために、
私よりも深く調べ物をして一緒に考えてくださったり、
私が落ち込んでいる時には勉強の時間を割いて
ご飯につれていってくれたりしました。
先輩たちはそれを当たり前だと言っていましたが、
自分の時間を自分のスキルアップに使うことに必死だった私にとって
その姿勢は衝撃的でした。

今思えば、インターンの経験に限らず、
自分自身が何かを頑張れた時や辛いことを乗り越えられた時には、
決まってそういった方々が周りにいて、常に支えられていたなと感じます。
愛和税理士法人でのインターンを通して、スタッフの方々と関わることで、
改めてその事に気づくことができました。

結論は、自分のことをしっかりやることは勿論、
その上で不安や悩みを持っているだろう後輩に
真摯に寄り添えるような先輩を目指します。
そうしていく中で憧れを持って追ってもらえる存在に近づきたいです。

更に後輩も同じように思ってくれて、
それが後々いい循環になっていけばすごく素敵だなと思います。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

モノをもらっていないのに贈与税!?みなし贈与課税とは?

贈与税は、タダ(無償)でモノをもらったとき(贈与)のみに
課税されるものだと誤解されている方が多いです。

今回は、タダでモノをもらっていないのに、
贈与税が課税されてしまう「みなし贈与」という
制度について紹介します。

ご興味のある方はご一読くださいませ。

詳しくはこちら(PDFのダウンロードが開始されます)

カテゴリー: 事務所からのお知らせ | コメントをどうぞ

夏季休業のお知らせ

弊社では、本年も昨年に引き続き、
変則型夏季休暇を実施させていただきます。

つきましては、弊社全体としての休暇期間は設けず、
下記日程内にて、各スタッフごとに休暇を取らせていただきます。

なお、各担当者の具体的な休暇期間は追ってご連絡差し上げます。

—————————————————————————-
2022年8月1日(月)~2022年8月31日(水)
—————————————————————————-

当該期間中は、何かとご迷惑をおかけすることとは存じますが、
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリー: 事務所からのお知らせ | コメントをどうぞ

インターン小噺vol.6

初めまして。
愛和税理士法人インターン生の村本と申します。
今回は、インターンに参加して良かったと思うことについてお話いたします。

それは、良き社会人としての振舞い方を学べるということです。
私は2月からこちらのインターンに参加しています。
それまでは回転寿司店のキッチンでのアルバイトをしていました。
そこでの経験は価値のある物でした。
しかし、ともに働くメンバーのほとんどが学生であるため、
サークルや部活動のような雰囲気の職場でした。
インターンに参加することで、このような環境では
得られなかっただろう様々な経験が得られると感じました。

例えば、インターン生の仕事内容の一つに、電話対応があります。
お客様の名前や会社名を聞き取り、担当の社員に繋ぐだけの仕事ですが、
これがどうにも上手くいきません。
私は電話で話すのが昔から苦手で、どうしても慌ててしまいます。
お客様の名前を間違えて控えてしまったり、
言葉遣いが砕けたものになってしまったりなど、色んなミスをしてしまい、
その度に社員の方からご指導していただきました。
そのおかげで今では、お客様に失礼のないような対応ができるようになったと思います。

綺麗な言葉遣いやマナーは、社会人として必要な素養です。
まだまだ社員の方や先輩のインターン生のようには出来ませんが、
インターンを通じて多くのことを学び、立派な社会人になれるように日々励みます。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

成年後見制度のいろは ~選任編~

以前(2022年4月15日配信分)に、
成年後見制度についての概要をご説明させていただきました。

今回は、法定後見人の選任に係る注意点や具体的な手続きをお伝えいたします。
また、法定後見人制度自体のメリット・デメリットについても紹介いたしますので
ご興味のある方はご一読くださいませ。

詳しくはこちら(PDFのダウンロードが開始されます)

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

インターン小噺vol.5

こんにちは。

インターン生の松村です。
小噺のコーナーも早くも5回目となりました。
初回を担当させていただいた私が、
今回は「動き出した時間」についてお話ししたいと思います。
コロナ禍での大学入学ということもあり、
大学でのサークル活動や友人たちとの集まりもほとんどなく、
愛和税理士法人に入社するまでの1年半ほどは
自宅でのリモート授業かアルバイトの日々でした。

その為、愛和税理士法人への入社時面接は、
オンラインとはいえ初対面の方との久しぶりの会話に
たいへん緊張したのを覚えています。

入社して8ヶ月程経ち、
インターン生として働くようになってからは、
自宅で籠もる生活から外向きの生活に変わりました。
それと同時期に母が市民農園を借り、
畑で作物を育てるようになりました。
私も時々母に駆り出されて、
鋤や鍬を持って畑を耕す手伝いをしています。
行く度に周りのご高齢の方々が、
初めて畑作業をする母や私にとても親切に
アドバイスをしてくださいました。
土に触れながら汗を流すことが、
とても新鮮で心地よかったです。

愛和税理士法人でのインターン生活、初めての農作業‥。
この1年半止まっていた私の時間が動き出し、
自分の知らない世界がどんどん拡がっていくのを感じています。

私自身は家に籠もること自体は苦ではありませんが、
コロナ禍での自粛生活を経験して、
人生において新しい出会いや経験がとても大切だと
改めて感じています。

前回の小噺同様、
これからも愛和税理士法人でいろいろな
社会勉強をしながら精進していきたいと思います。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

原則的評価が適用できない財産評価~不動産投資を中心として~

相続税の申告をおこなう上で、重要となるのが「財産評価」です。
この財産を評価するための計算方法は国税庁にてルールが定められています。

しかし、このルールで計算した評価額が時価等と大きく異なるような場合には、
このルールが使用されないケースがあり、注意が必要です。
今回は過去の裁判例を踏まえ、不動産投資による相続税節税が
否認されるケースなどをご紹介いたします。

ご興味のある方はご一読くださいませ。

詳しくはこちら(PDFのダウンロードが開始されます)

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ

今年のクールビズ期間について

弊社では下記日程にてクールビズを実施させて頂きます。

実施期間 : 5月6日(金)~9月30日(金)

皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。

カテゴリー: 事務所からのお知らせ | コメントをどうぞ

インターン小噺vol.4

初めまして。インターン生の秋山です。
私は、大学3年生の春から始めたインターンシップをこの3月で卒業します。
それにあたって、約2年続けたこのインターンシップを通して
学んだことを振り返ってみたいと思います。

まずは、知識面で学んだことについてです。
「税理士事務所でのインターンシップの学び」と聞くと
最もイメージされやすいことかもしれませんが、
実際に税理士事務所で業務を経験させていただくことは、
私にとって新鮮かつ興味深い知識を得る機会となりました。

会計入力という、企業の事業活動の記録を通して
様々な業種・業態を知ったことに加え、
年末調整や確定申告、決算業務等の実践によって、
社会の仕組みを実際に知る事ができたと思っています。

次に、精神面で学んだことについてです。
ロボットのように何も考えずに仕事をこなすのではなく、
いかに自分から「知ろうとするか」で自分の成長率が
大きく変わってくることを学びました。

会計入力は基本的に、過去の仕訳をもとに行っていきます。
そのため、過去の仕訳を遡って同じように処理をすることで、
その場をやり過ごすことができてしまいます。

しかしそこで終わらずに、インターネットで調べたり
上司に質問したりして自分の知識として定着させるほうが、
遥かに自分の糧になるということを実感しました。

このような学びの他に、ミスとその反省を通して
社会人としての心構えも学びました。

基本的に与えられる業務には期限があり、
それを見越して業務を行うことが大切になってきます。
また、いくら見習いのインターン生とは言っても、
業務に責任を持つことが必須です。

そのことを理解しているはずなのに、
業務の見通しが甘いゆえに期限に間に合わなかったり、
責任感が足りないゆえのミスをして上司に迷惑をかけたりすることも、
2年間を通して多々ありました。

今までは「インターン生だから」で許されてきたことも、
これから社会人になると許されなくなります。
そのことを自覚することが、私にとって
今いちばん必要なことなのかもしれません。

たくさんの学びが私の成長につながり、
貴重な経験ができた私は本当に幸運でした。

しかし何といっても、インターンシップを始めるまでの私が
決して出会うことがなかったはずの職種の方と出会えたことが、
私にとって何よりの幸運だったと思っています。

就職を控える大学生という重要な時期に、
自分の視野を広げ、また刺激を与えてくれたことで、
自らの将来を深く考えるきっかけになったインターンシップでした。

本当にここでインターンシップを経験できてよかったと思っており、
愛和の皆さまへの感謝は尽きません。

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

カテゴリー: スタッフブログ | コメントをどうぞ